自立してサロンを開業&成長させたいセラピストのためのサロン運営法

menu

サロン開業&技術スクール:Catnap 式 セラピスト塾

リラクサロンの開業前に考える3つの視点とは?

自分のサロンを開業したい!
そう思って、リラクサロン、エステサロンでがんばっている、
そんなセラピスとさん、いらっしゃるかと思います
こんなサロンにしたい、という思い、理由、様々でしょう。

サロン開業にあたって、一番心配なのが、お客様がきてくれるか、どうか?ですよね

お客様に選んで頂くために、どうしたらいいのか?
開業前に考えておくべきポイントを整理しましょう

エステ・リラクサロン開業前に考えるポイント

この場合、5W1H、すなわち、
いつ when
どこで、 where
だれが  who (=これは、あなた!)
何を what
誰に (to) whom
どんな  How

の視点で考えると良いです。
このうち、どこで、と誰がは、明確、
あなたの地域で、あなたが行うことですね、

問題はそれ以外をどうするか、です。

1.いつ?の部分と、誰に、の部分

平日しか あなたが働けない場合、どういうお客様なら来てもらえるか?
おそらく、働いている女性であなたのサロンに来れる人は、限られますよね?
平日が休みの人って、どんな人でしょう?
そのお客様は、どんなアプローチなら、あなたのサロンに来てくれるのでしょうか?

あるいは、お客様は、主婦の方でしょうか?
この方は、どんなアプローチなら、あなたのサロンをわざわざ予約しようと思うでしょうか?

あるいは、もう少し高齢な女性でしょうか?
この方達の悩みって、なんでしょうか?
どうしたら、あなたが開いたサロンに予約したい、と思うでしょうか?

2.どんなサロン、どんなメニュー・価格にするのか?(何を、どんな?)

地域の個人サロンだと、来てくれるお客様が限られるかと思います
1の視点で考えると、どんなメニューがいいかは、ある程度、検討がついてきませんか?

ある程度の内容が固まったら、あとは行動あるのみです。
ただ、この段階では、あなたの頭の中でのイメージに過ぎません。
考えたものが、お客様に気に入ってもらえるのか?
それは、、、実際に活動してみないとわかりません!

ここから先は、次の記事が役に立つと思います。
チェックしてください

エステ・リラクサロン開業初期の成功のステップ
http://therapist-juku.com/?p=4187

 

セラピスト塾では、お客様の痛みをとってあげられるセラピストの育成をしています。
新米セラピストでも、
お客様の痛みをとってしまうセラピスト続出!
小さなサロンが15年間 続けてこれたテクニックをお教えします☆
講座詳細は、↓こちらから
●スタイルアップテクニック本講座
詳細は、画像をクリック!


http://therapist-juku.com/?page_id=2276

*本講座は、基礎編の骨盤脊柱調整ワンデイレッスン受講者が対象です

●骨盤矯正ワンディレッスン
詳細は、画像をクリック!


http://therapist-juku.com/?page_id=966

●サロンをオープンしたけど、どうやって
軌道に乗せたらいいのかわからない、
とお悩みですか?

成功サロンが密かにやってる、
5つのステップ、
無料メール講座

登録すると仮登録メールがすぐ届きます
その指定URLをクリックすると本登録され、
1回目のメールレッスンがすぐに 届きます、
返信がすぐに届かない場合は、
1,迷惑メールホルダーを確認いただくか、
2,別のアドレスでご登録ください
☆携帯アドレスの方は、

パソコンからのメールを受信可能に設定してね☆

仮登録の返信がない場合は、
迷惑メールフォルダーをチェックしてください

登録は、この下のメルマガ登録から どうぞ☆

プライバシーポリシー


セラピスト塾の目的

1,お客様の悩みの解決をお手伝いできる、セラピストを育成する
2,セラピストという職業のやりがいアップ、収入アップを図る 



ダイエット製品関連企業、外資製薬企業などで、マーケティング・企画・販促業務に携わる。会社員時代、ストレスによる体調不良からアロマテラピーに助けられ、サロン開業に至る。アロマやリラクゼーションでは効果が出ないお客様をなんとか改善したいと、骨格矯正を学び、その効果の高さに感動、より高いレベルを目指し、骨格矯正とアロママッサージを融合した、独自テクニックを開発。

リラクゼーションにとどまらない、効果を出せるテクニックを、同じ志を持つセラピストに伝え育てることで、より多くのお客様に貢献できると気付き、セラピストの育成も開始する。サロン経営15年、施術実績のべ4700人を超える。



プライバシーポリシー


関連記事

Follow SNS

メディア掲載