自立してサロンを開業&成長させたいセラピストのためのサロン運営法

menu

サロン開業&技術スクール:Catnap 式 セラピスト塾

サロン開業に不可欠、気付き⇒行動⇒検証できる力をつけるには?

セラピスト塾の本講座には、3ヶ月間のメールサポートがあります。
自分で実際に施術をしてみて、よくわからない、どうしたらいいのか?
そういうとき、頼れるところがあったほうがいいな、と考えているので。

このサポートで私はこれまで、ちょっと悩んでいたことがあります。
それは、質問のフォーマットです。
実は、質問のフォーマットはあります、でも、受講者には事前に渡していません。

なぜか?
それは、本当に質問フォーマットが必要なのか?決めかねていたからです。
本当に必要なら、最初から渡すことにしよう、
そう思っていたのですが・・・

事前に渡すことは、これまで通りしないでおこうと思います。

なぜか、というと・・・
サロンを開業するとは、自分で考え、決めて、行動することが避けられません。
まず、行動することが大事だと考えています、でないと自分で気づくことが出来ません。
正直なところ、セラピストさんて、人それぞれ、なんですよね。
求めているものが、それぞれ違う。施術経験も様々。
当然、吸収量も違う。

だから、受講生に合わせていくほうが、いいかな、と考えているんですね。
そうするとフォーマットは必要ない人もいるんです。
フォーマットは便利なようで、使いにくいケースもあります、
その人なりの思考の方法を、一方的な私の思考法でやってもらうモノなので。
そして、自分で考える場を奪ってしまうことにもなりかねません。

開業で絶対不可欠なことは、「自分で考えて行動できる」ことだと感じてます。
ですので、まず、自分で考える、ということをやって欲しいんですね、

質問のフォーマットを渡せば、私も、受講生も簡単です。
でも、それでは、考えることができません。

このお客様をどう施術したらいいですか?
このような質問が寄せられますが、質問してくる方には 大きく、二通りのタイプがあります。
一つのタイプは、自分はこう感じたので、こうやってみた、これはあってますか?

もう一つは、自分はこう感じる、こうやってみた、が書かれていないタイプ。
どうしたらいいですか?と質問だけです。
自分でトライしてみたかどうかは、不明です。

だから、まず、自分なりに考えて欲しいんです、
それから質問フォーマットをみたら、気付きがある(かもしれないし、ないかもしれない)、
その流れのほうが、手がかかるけど受講生にはいいんじゃないか?そう考えているんです。
何も考えず教わってしまうと自分で考えません。
まず、自分で考えてみてほしいんですね。

開業するとなれば自分で解決しないと、他の人は解決してくれません。
ですので、まず、疑問をもつこと、何でそうなのか?それはなぜなのか?
自分で考えて行動してみるくせをつけて欲しいです。

プライバシーポリシー


セラピスト塾の目的

1,お客様の悩みの解決をお手伝いできる、セラピストを育成する
2,セラピストという職業のやりがいアップ、収入アップを図る 



ダイエット製品関連企業、外資製薬企業などで、マーケティング・企画・販促業務に携わる。会社員時代、ストレスによる体調不良からアロマテラピーに助けられ、サロン開業に至る。アロマやリラクゼーションでは効果が出ないお客様をなんとか改善したいと、骨格矯正を学び、その効果の高さに感動、より高いレベルを目指し、骨格矯正とアロママッサージを融合した、独自テクニックを開発。

リラクゼーションにとどまらない、効果を出せるテクニックを、同じ志を持つセラピストに伝え育てることで、より多くのお客様に貢献できると気付き、セラピストの育成も開始する。サロン経営15年、施術実績のべ4700人を超える。



プライバシーポリシー


関連記事

Follow SNS

メディア掲載

美人百花に掲載されました。