自立してサロンを開業&成長させたいセラピストのためのサロン運営法

menu

サロン開業&技術スクール:Catnap 式 セラピスト塾

冷えの原因を骨格を見ながら解説!

アロママッサージやリンパマッサージをよく受ける女性は、冷えで悩んでいるお客様は多いですよね?

冷えは、なぜ起こるのでしょうか?

今回は、
・冷えの原因
・骨格からみた、「冷え」
・冷えの改善例

について、解説します。

冷えの原因

よく言われる冷えの原因は、ムクミではないでしょうか

まず、冷えやすい方は、むくみやすい体質といわれています。

むくむとは、カラダに水分をため込んだ状態です。
水は冷えるのでカラダを冷やす、ということですね。
改善のためには 循環を改善する為にマッサージをするというのが、一般的な方法。

冷え改善のために、リンパマッサージやアロママッサージ、あるいは鍼灸、
これらの方法を、冷えに悩む女性が選択するかもしれません。

ですが、この方法は、溜まった水分を流すだけにとどまりやすいと感じます。
残念ですが、対症療法でしかない、そう思うのです。

根本的な解決は、そもそも、なぜむくみが溜まるのか?を知ることです。

むくみが溜まる理由

運動不足 デスクワークで座りっぱなし、
あるいは、外回りや立ち仕事で、立ちっぱなし
など、筋肉をあまり使っていない、
というのがむくむ理由に挙げられます。

ふくらはぎは第二の心臓、というのを聞いたことがあるかと思います。
心臓からおくりだされた血液は、心臓がポンプとなって、全身に送り出されます

そして、送り出された血液は、再び心臓に戻ってきます。
ですが、、血液自体は自分で流れることができません、
このときポンプの役割を果たすのが、筋肉。
特に、下(脚)から上(心臓)へ、血液を送り出すために、下肢の筋肉は重要な役割がある、
ということです。

下肢の筋肉が働かないと、血液は滞ってしまいますよね?
すると血管に、血液はたまってしまいます。
でも血管は太さが決まっています、

溜まった血液を溜まった分だけ、血管にため込んでおくことはできません。
すると、血液中の水分が、血管の外側へ、じわじわとしみ出します、
そしてそれが、むくみになります。
このむくみは細胞間にとどまりますが、リンパ管へ、ゆっくりと回収されます。

でも、リンパ管は、血液が循環するより、随分ゆっくりです。
ちょっとインターネットで調べてみたら、
心臓から出た血液が体内を巡り、再び帰ってくる時間は約30秒、
リンパが1分間で24センチの速度
らしい。

どう考えても、リンパは回収が追いつかないですよね?
人がむくんでしまうのは、やむなし、ということでしょうか?
ちなみに、リンパに回収されなかったむくみは、やがて脂肪に取り込まれます、
そして、セルライトに成長していきます。

 

骨格からみた、冷え

私が冷えに悩むお客様を施術していて、感じる事があります。
それは、関節の歪みが大きいことです。
あるいは、関節が硬い。
関節が硬いのは、骨格が歪んで、固まってしまった状態と、考えてください。

関節は、骨が入り組んで、複雑です。
そこを血管やリンパが通っています。
関節が歪んでいると、どうなるでしょう?
そこを通る血管やリンパの通り道がせまくなって、詰まりやすいということ。
関節の歪みを整えれば、循環がぐっと改善されます。

骨格の歪みを改善することは、むくみを流す対症療法というよりも、根本的な対処法、
私はそう考えています。

冷えの改善例 紹介

ひどい冷えで悩んでいた、あるお客様の例を紹介します、
彼女は、こんなことを言っていました。
「鍼灸に通っても冷えは改善せず、鍼の数が増えてくだけ、
この先、自分のカラダはどうなるんだろう、と恐かった」
そう、言うのです。

彼女は、太ももと二の腕が太いことも同時に気にしていました。
彼女の体型は、背中が丸まっていました、

ということは、彼女のカラダは、こうなっていると言えます。
腕が内側に回旋している
ということは、=肩から腕の関節が歪んでいる、ということ、
関節が歪んでいるから、むくみが溜まりやすい、
やがて回収されないむくみが、脂肪と結合

二の腕に、脂肪がつき、太くなる。

そして、もう一つの体型の特徴があります。
・脚が内股で、膝が内向き、つま先が極端に内向き
ということです。

まず、
・脚が内股で、膝が内向き、についてです。
それは、すなわち、
=太ももの骨が回旋=ソケイ部、膝の関節が歪んでいる
ということ。

ソケイ部は、大きな関節です、
内股の方は、ここが詰まりやすいです。
詰まって溜まったむくみが、やがて脂肪となり太くなる、
そういう残念なことが起こりやすいです。

・つま先が極端に内向き
彼女は、特に膝下から足先の冷えがひどい、ということでした
それは、
つま先が内側をむいて、歪んで固まっている
=足首の関節が歪んでいる
=血液やリンパの通り道が狭くなり、流れにくくなっている
ということ。

特に、彼女の足首の関節は、最後まで硬かったです、
つま先の内向きを改善するのに回数が必要でした。
たしか、12回程度です。

彼女には、二つのアドバイスしました。
1,つま先が内に向いていたら、気がついたら治すようにすること、
2,足首を回すこと
そうアドバイスして、彼女は実践してくれました
その後、冷えが随分解消できたそうです(^^)

冷えやむくみを、根本的に改善できる方法があるのか?

あるとすれば、私は骨格の歪みを改善することだと、確信しています。
例に挙げた彼女は、ひどい冷えで、回数が必要でしたが、でも12回です。

彼女以外には、3,4回で手先や足先の冷えが改善した、女性もいます。

改善スピードは個人差があるのは、事実です。
体型や、年齢なども関係してきます。
時間(施術回数)は、有る程度必要なことが あるかもしれない、
でも、骨格を整えると、その効果は少しずつゆっくりと積み上がっていく、
それが骨格矯正なのです。

 

追伸;
セラピスト塾では、骨格矯正アロママッサージをお教えしています。


青森県 リンパサロン経営 山田様
<受講後の感想>
お客様から、
「ウエストが2センチ減ってたの~!
「埋もれていた鎖骨が、出たの~!」
「からだのポカポカ感がスゴイ!」
と、とても喜んでもらえています。
結果がでることに、満足です!

新米でさえ結果がでる本講座 詳細↓

 

成功サロンが密かにやってる、
5つのステップ、
無料メール講座

登録すると仮登録メールがすぐ届きます
その指定URLをクリックすると本登録され、
1回目のメールレッスンがすぐに 届きます、
返信がすぐに届かない場合は、
1,迷惑メールホルダーを確認いただくか、
2,別のアドレスでご登録ください
☆携帯アドレスの方は、

パソコンからのメールを受信可能に設定してね☆

@gmail での登録は、
最近、迷惑メールホルダーに分類されてしまうようです

仮登録の返信がない場合は、
迷惑メールフォルダーをチェックしてください

登録は、この下のメルマガ登録から どうぞ☆

 

プライバシーポリシー


セラピスト塾の目的

1,お客様の悩みの解決をお手伝いできる、セラピストを育成する
2,セラピストという職業のやりがいアップ、収入アップを図る 



ダイエット製品関連企業、外資製薬企業などで、マーケティング・企画・販促業務に携わる。会社員時代、ストレスによる体調不良からアロマテラピーに助けられ、サロン開業に至る。アロマやリラクゼーションでは効果が出ないお客様をなんとか改善したいと、骨格矯正を学び、その効果の高さに感動、より高いレベルを目指し、骨格矯正とアロママッサージを融合した、独自テクニックを開発。

リラクゼーションにとどまらない、効果を出せるテクニックを、同じ志を持つセラピストに伝え育てることで、より多くのお客様に貢献できると気付き、セラピストの育成も開始する。サロン経営15年、施術実績のべ4700人を超える。



プライバシーポリシー


関連記事

Follow SNS

メディア掲載

美人百花に掲載されました。