自立してサロンを成長させたいセラピストのためのサロン運営法

menu

Catnap 式 セラピスト塾

人の心を動かす、セラピストのプロフィールの作り方

あるヒット商品を開発して一躍有名になった、ある会社があります
無水鍋の、あの会社です、ご存じですか?
考えさせられることがあったので、紹介しますね、
サロンの話とは関係ない、と感じるかもしれません
興味のあるセラピストさんだけ、お読みください

ちょっと紹介すると、このようなお話。
創業80年、
もともとは、鍋とは無関係の仕事をされていたようです、
今テレビドラマでやっている足袋の会社のように、その業界は衰退していく一方。。。
そこで働く職人さんたちは、うつむいて、元気をなくしていきました

業績改善のために、一時は下請け業務に事業転換
その結果、売上げ利益とも増えたそうです!

職人さん達の給料も、上がった、のですが、、、
なぜか、職人さん達は、元気がないまま。

お給料が増えたのに、です。

自分たちが長年培った技術を、もっと高く認めてもらえることが出来るのでないか、
と考えた社長さん達は、無水鍋の開発を始めました、

これまでの無水鍋は密閉性が課題だったと。
その課題を、その会社の持つ技術で改良、
職人さんが1つずつ丁寧に作っている、機密性に優れた無水鍋、ができました!
すると、その鍋がヒットします
うつむいていた職人さん達は、元気を取り戻していきます

なぜ、以前の下請けの時には、お給料が上がったにも関わらず、元気がなかったのか?
下請けをしていた時は、仕事に誇りとプライドが持てなかったそうです。
無水鍋のヒットは、お客様に喜んでもらえている、という実感が持てた、
その為、自分たちの仕事に、誇りを取り戻せた、といいます。

その後、
「会社の制服を着て帰って良いですか?(これを着て帰りたい!)」
と言うほど、職人さん達は、自分の仕事や会社に誇り持って仕事しているそうです

職人さんって、技術を認めてもらって、お客様に喜んでもらうことが嬉しいんですね
お金も大事だけど、それだけのために働くって楽しいわけではない、
お金の為と割り切って、お金だけの為に働くって、つまらない
もっと仕事に誇りととプライドを持って働きたい、、、のですね

業界は違いますが、私たちも職人さんと同じだな、と感じませんか?
お客様に喜んでもらうことが、何より嬉しいですよね

さて、ここからが本題です
会社には、物語がありますよね
あたなも、サロンを開くまでに、いろんなことがあったと想像します

セラピストさんて、セラピストさん自身が、身体に何らかの辛さを体験していて、
この仕事に興味を持った方が多いと感じます

他のセラピストさんや、あのサロンに助けられた、という人もいるでしょう。
人の力になれる、ステキな仕事、と感じて選んだ人もいるでしょう
それがあなたの物語、同じ物語は、きっとないはずです。

様々なこだわりを持って、この仕事を選んだセラピストさんは少なくないと思います
ただ、それをちゃんとお客様に伝えていますか?
そのこだわりや、あなたの仕事に対する姿勢、のようなもの、
それをお客様にちゃんと伝える事が大切です、

それが伝われば、お客様の心が動き、選んでもらえる可能性が高まります
あなたのプロフィールを、ただ箇条書きにしているだけだとしたら・・・
それでは、もったいないです。

もうすぐ今年が終わります
この仕事を始めた、始めようと思った時の初心を、改めて思い起こしてみてはいかがでしょう

・なぜ、この仕事に興味をもったのか、
・なぜ、サロンを始めたのか、
・サロンに来てくれたお客様をどうしてあげたいのか・・・?

これが、あなたのプロフィールとなり、お客様があなたに共感を抱きます
あなたのサロンを選んでくれるかもしれません。

目標を見失ってしまったセラピストさんには、新たな目標が見つかるかもしれません!

関連記事

Follow SNS

メディア掲載