自立してサロンを開業&成長させたいセラピストのためのサロン運営法

menu

サロン開業&技術スクール:Catnap 式 セラピスト塾

年明けに「これからの事を考えよう」から既に十ヶ月?

以前、あるセラピストさんが、施術の体験に来てくれたのですが・・・

こんな話から始まりました。
「今年の年明けに、これから先どうしようか、考えなくちゃと思ったんですけど・・・」
このとき、既に10月になろうとしていました。

彼女の言うところの、「これから先」を考えるって、確かに難しいです。
でも、問題は、日々、感じているんです。
だけど、そのまま、放置している。
多くの人が、そんな状態だと思います。

だから、それでも別にイイと言えば、良いのかもしれないのですが・・・
果たして、本当にそうでしょうか?

彼女は、
「サロンは忙しい、でも、安い価格で体力的にきつい、
これから先、私の身体、大丈夫かな、持つのかな。」

という課題を抱えていました。

でも、気がついたら、10ヶ月 放置・・・

どうしていいかわからない問題に突き当たったら、どうする?

まずは、考える時間を捻出することです。
忙しいし、今は何とかなっているから。。。
そうやって後回しにしているだけ、なんですよね。

彼女には、単価アップ出来る方法を考えるように、アドバイスしたのですが。。。
例えば、客単価が千円上がったら、どうなるか、
二千円上がったら、どうなるか?
ちゃんと考える。

そのために、どうしたらいいのか、ちゃんと、考える。
考える時間を捻出しないと、
「あ、また、なにもできなかった」
となります。

もし、すぐに行動しておけば、手にいれることができたはず、
それなのに、何もしない。

これは、実は、
手に入れることができたはずのものを、手に入れることが出来ないでいること。
それって、損失なんです、目に見えないだけで。

問題を次々に解決していけれは、どんどん先へ行けます。
でも、放置しているとは、現状にとどまっている、
目に見えないだけで、かなり差がでることは認識できるでしょう。

 

さぁ、いまから未来を変える行動をしよう!

そろそろ、2020年の手帳が発売されています。
これを機会に、いまから、2020年のことを考えてはいかがでしょうか?
以前の記事ですが、参考になると思います。

エステ・サロン開業をしたいセラピストが、成功する手帳術

 

この記事は2018年の年明けに書いた記事。
今は、更にこの続きを実践しています。
まずは、上↑のブログを読んで欲しいのですが・・・
このブログの中で、「タスクを付箋に書く」というのがあります。

で、その続きなんですが、
付箋に書いたタスクを終えたら、その付箋を別のノートに貼っていくんです。

そうすると、自分がやってきたタスクが、ノートに溜まっていきます。
やってきたことが、目に見えるんです。
付箋を貼っていくので、重みも 増します。
「自分は前二進んでいる」という充実感が得られるはずです(^^)

 

追伸:
記事に書くと、1ページでしかありませんが・・・
私が、紹介している手帳術をマスターできるまでに、5年かかっています。
(私、不器用なので・・・)
最初から上手にはできないので、早く始めた方が良いですよ!

 

成功サロンが密かにやってる、
5つのステップ、
無料メール講座

登録すると仮登録メールがすぐ届きます
その指定URLをクリックすると本登録され、
1回目のメールレッスンがすぐに 届きます、
返信がすぐに届かない場合は、
1,迷惑メールホルダーを確認いただくか、
2,別のアドレスでご登録ください
☆携帯アドレスの方は、

パソコンからのメールを受信可能に設定してね☆

@gmail での登録は、
最近、迷惑メールホルダーに分類されてしまうようです

仮登録の返信がない場合は、
迷惑メールフォルダーをチェックしてください

登録は、この下のメルマガ登録から どうぞ☆

プライバシーポリシー


セラピスト塾の目的

1,お客様の悩みの解決をお手伝いできる、セラピストを育成する
2,セラピストという職業のやりがいアップ、収入アップを図る 



ダイエット製品関連企業、外資製薬企業などで、マーケティング・企画・販促業務に携わる。会社員時代、ストレスによる体調不良からアロマテラピーに助けられ、サロン開業に至る。アロマやリラクゼーションでは効果が出ないお客様をなんとか改善したいと、骨格矯正を学び、その効果の高さに感動、より高いレベルを目指し、骨格矯正とアロママッサージを融合した、独自テクニックを開発。

リラクゼーションにとどまらない、効果を出せるテクニックを、同じ志を持つセラピストに伝え育てることで、より多くのお客様に貢献できると気付き、セラピストの育成も開始する。サロン経営15年、施術実績のべ4700人を超える。



プライバシーポリシー


関連記事

Follow SNS

メディア掲載